バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

「横綱」になる前の、山下達郎追想

f:id:bkkmind:20211127211713j:plain

 

今から40数年前、

確かね、中学3年の頃だと思うんですが。

 

山下達郎のアルバム(LP)を買ったんですね。

ファーストかセカンド、どっちを先に買ったのかは

もう覚えてないんですけども。

 

でね、「おお、これは今まで聴いてきた日本のポップスとは違う」

なと。

ボーカルと演奏が真っ正面から切り込んでくるんですね。

相撲でいえば、がっぷり四つというか。

立ち合いのタイミングをずらすとか、横に飛ぶとかね

変化技一切無しなんです。

 

Windy Lady

www.youtube.com

 

でも同時に思ったんですね。

「この人は知る人ぞ知る、マニアックな立ち位置になっていくのかな」

って。

切れ味が鋭すぎて、リスナーのほうが付いていけないんじゃないかって。

実際、アルバムのセールスはどちらも良くはなかったんですね。

オリコンで50位前後じゃなかったかな)

 

周りでも、聴いてる友人は居なかったですよ。

だから後に、ヒット曲が生まれて

アルバムがベストセラーを記録していく~

なんて、

ちょっと想像できなかったですね。

 

f:id:bkkmind:20211127213423j:plain

 

完成度ということでいえば

"RIDE ON TIME" "FOR YOU" "MELODIES"

といった後の一連のアルバムのほうが上だと思うんですね。

まさに横綱相撲ですから。

 

この2枚の頃は製作条件も悪く、

(特に、"CIRCUS TOWN" の後半4曲のロスアンジェルス録音時など)

予算的な限定もあって、決してベストのレコーディングではないんですね。

にもかかわらず、敬遠しないで直球勝負、

まさに音楽職人~アルティザンとしての

矜持が(LPの)盤面に充満してるんです。

 

翼に乗せて

www.youtube.com

 

学校(生活)にまったく興味が無くて

完全な ”帰宅部”でしたからね。

部活など一切やらずに

飛ぶように部屋に帰って

A面、B面とひっくり返して

何時間も聴き続けたものです。

遥か昔の我が、TATSURO DAYS ですね・・・

 

f:id:bkkmind:20211127215130j:plain

f:id:bkkmind:20211127215147j:plain