バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

邦画ラストシーンの最高峰はこれだ~「山の音」成瀬巳喜男&原節子

 

映画の名ラストシーンと聞いて

思い浮かぶのはまずは

「第三の男」(1949年)でしょうかね。

もう、あまりにも有名。

 

で、日本映画での印象深いラストシーンといえば

これですよ、これ。

 

f:id:bkkmind:20190622221000j:plain

 

成瀬監督の「山の音」(1954年)

 

全体としては暗い映画なんですね、

登場人物がそれぞれの事情があって

皆、揃いもそろって不機嫌なわけです。

ですから、観ていて楽しい、という作品ではないです。

成瀬作品によく見られるユーモア漂う場面もほぼ無いし。

 

f:id:bkkmind:20190622221337j:plain

 

いよいよフィナーレのシーン

原節子は一人ベンチに座っています。

 

f:id:bkkmind:20190622221457j:plain

 

待ち合わせた義父(山村聰)がやってきて

笑顔で迎えます。

 

f:id:bkkmind:20190622221606j:plain

 

彼女は言葉に尽くせぬほどの傷を心に負っています。

しかし涙を拭って、

 

f:id:bkkmind:20190622221740j:plain

 

義父と二人で、光に満ち溢れた公園の広々とした空間に

足を踏み入れていきます。

 

何という映像美、奇しくも枯れ木の木立が

「第三の男」を思わせますね。

 

更に凄いのはセリフです。

「第三の男」ではアリダ・ヴァリは無言で通り過ぎていくのですが

(それがまた最高なのですが)

こちらの作品では以下のようなやり取りがあります。

 

山村「のびのびするね」

原「ビスタに苦心してあって、奥行きが深く見えるんですって」

山村「ビスタってなんだ」

原「見通し線って言うんですって」

 

これで最後なんです。

最初は唐突に聞こえたんですね、二人の問答が。

ん、んん?

話の筋に関係ないし、何を言いたいのかよく掴めない・・・

 

しかし観返しているうちに震えがきました。

 

非常に抽象的な会話ですが

これからの人生に仄かな希望を抱かせる

言葉が選ばれていて

超絶の終わり方だと思います。

 

脚本(水木洋子)も凄いし、それを認めた監督もまた。

 

ちなみに川端康成の原作とは全く違ったエンディングです。

 

f:id:bkkmind:20190622224136j:plain

 

どちらが上か?

川端先生には悪いですが、これ

映画版ですよ。

私にはそう思えます。

 

成瀬監督の名作は他にもあまりにも多くて

「流れる」(原作 幸田文)もよく知られていますね。

 

f:id:bkkmind:20190622224438j:plain

 

この映画の見どころは・・・

いやいやもう、止めましょう

キリが全くありません。

また、別の機会にね。