バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

アルバムジャケットとボロクソ批評で超過小評価 ヴァン・モリソンの佳作 ”HARD NOSE THE HIGHWAY”

f:id:bkkmind:20210205215053j:plain

 

ヴァン・モリソンといえば

ロック界最高峰のボーカリストの一人。

私もファンでして、70年代~80年代にかけてのアルバムは

大体、揃えていました。

 

そのなかで際立って”低評価”の作品が

1973年発表の ”HARD NOSE THE HIGHWAY”

日本語のタイトルが「苦闘のハイウェイ」

 

なんというか社会的なテーマの硬派ロックナンバーが入ってるのかな

という感じしません?

ジャケットワークからしても。

 

このアルバムが出た時、有名なロック雑誌(ローリングストーン誌)が

一つ星の採点をしたんですね。

つまり最低評価、際立ってダメダメのレベルだと。

 

なので、私

このLPはパスしたんですよ。

後追いもずっとしなかった。

 

Wild Children

www.youtube.com

 

ずっと後年になって、曲単位で聴いてみたらですね

あら~! 凄く良いじゃないの。

メロディーも綺麗&ピアノが前面に出ていて

洗練された美しさがありますね。

 

Autumn Song

www.youtube.com

 

この曲なんか、ヴァンのキャリア全体でも

特にロマンティックな響きがありますね。

非常にGOOD。

これで星一つというのはあまりに過小評価ですよ。

 

確かに70年代のヴァンは傑作連発だったので

他のアルバムでもっとテンションが高い

気合の入った曲がいくらでもあるんです。

 

でもこういうのも充分ありですよ。

ジャケットの印象が乖離しちゃってるのも痛いっすよね・・・

 

f:id:bkkmind:20210205221232j:plain

 

こんな感じにしたら(撮影は名匠 ノーマン・シーフ)

随分、違ったんじゃないかなあ。

 

タイトルもそうねえ、

”LOVE, AUTUMN, CHILDREN”

とかに変更して。

 

Warm Love

www.youtube.com

 

バックコーラスに

ジャッキー・ディシャノンも参加してますしね。

5、じゃないけど

4スターの素敵な1枚!