バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

水かけのない、静かなタイ正月が終わった

f:id:bkkmind:20210415102028j:plain

 

タイで新型コロナの感染が急増しています。

この10日間ほどは、タイでは一番長い休みが取れる

タイ正月~ソンクランでしたので

帰省先や旅先で陽性が判明することも多く、

各地で病床不足などが伝えられています。

 

タイ正月といえば派手な水かけ合戦で有名。

私はかつて、イサーン(タイ東北部)の町やリゾート地のパタヤなどで

洗礼を浴びました。

水をかけあう、などという生易しいものではありません。

もう、ある種の闘いです。

 

www.youtube.com

 

去年も中止でしたので

今年こそはと楽しみにしていた人も多かったのですが

感染拡大防止のために水かけ禁止令が通達されて

2年連続の静かなお正月となってしまいました。

 

今回の陽性者急増(タイでは第三波)は

初期クラスター発生の場所が歓楽施設となっています。

日本語の報道ですと

パブ、バー、ナイトクラブ・・・

といった言葉が使われているようですね。

そうすると、

 

f:id:bkkmind:20210418002507j:plain

 

このようなイメージを持たれる方が多いのでは?

 

多くの店名が挙げられているので

一概には言えないのですが、

その大多数はむしろ

ライブハウス、といったほうが近いような気がします。

(あるいはディスコ~DISCOTHEQUE)

 

ステージがあって、比較的施設も大きい規模。

人気アーティストが登場する日には

相当数の人が詰めかけます。

メインの客層は圧倒的にタイの若年層ですね。

(外国人含めて、よりアダルト層向けのショーパブ的な店もありますが)

 

日本でブルーノート、ありますよね。

演奏を聴きつつ食事やお酒を楽しめる。

それをカジュアル&派手派手にして

お客さんも踊れるような。

 

f:id:bkkmind:20210415095817j:plain

 

ただの飲み屋さんですと

お客さんの出入りがありますけれど

出し物があれば、当然その時間に合わせて

人が集中することになります。

途中で帰る人も居ないでしょうから

感染しやすい環境だったのかもしれませんね。

 

そもそも一人では出かけませんし

顔見知りを見かけるとグループの規模が大きくなっていったり。

場所を変えて飲み直そう、食事に行こう

という流れにもなっていきます。

 

f:id:bkkmind:20210415101334j:plain

 

現在はこういった施設全般に休業通達が為されていますが

再開後についても、なかなか厳しい部分があるような。

さすがに客足は容易には戻らないのではないでしょうか。

第一波、二波の時よりも

世間の目はより厳しいものになるでしょうし。

 

知り合いのタイ人に言われました。

”お酒を出すような店に行かないほうがいいわよ”

 

ええ、最近は家飲みにしていますよ。勿論一人で。

と答えると

”それもダメ、お酒そのものを止めなさい”

との厳しいご指摘。

(酒と聞いて嫌悪感を示す人は割に多いです、タイでは)

 

 それにしても来年は

水のあるお正月を迎えられるといいですね・・・

 

f:id:bkkmind:20210415102633j:plain