バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

仲本工事~替えのきかない「第4」の男

 

”第5の男” 

高木ブーの著作のタイトルです。

そうするとさしずめ

仲本工事は第4の男と言えるでしょうか。

 

なにはなくとも全員集合(1967年)

 

絶大な人気を誇っていたクレージーキャッツの映画と

入れ替わるような形で登場したのが

ザ・ドリフターズの主演もの(東宝と松竹の2系統)

 

ミヨちゃんのためなら全員集合(1969年)

 

サラリーマンシリーズが多かったクレージー作品と比べると

より癖のあるキャラクター設定が多く、

セリフのやり取りよりも体技(しごきの場面なども多い)中心の

ストーリーが多かったですね。

 

ズンドコズンドコ全員集合(1970年)

 

祭りだお化けだ全員集合(1972年)

 

ザ・ドリフターズのカモだ!!御用だ!!(1975年)

 

シリーズの後期は

荒井注から志村けんへのメンバー交代の時期にも

重なっていました。

 

チョットだけョ全員集合!!(1973年)

 

一連の映画では

大きなスポットが当たることはありませんでしたが

仲本工事

”いつもそこに” 

居たのでした。

 

目立ちませんけれども

ウケもツッコミもこなせて

身体も動き、

多彩なゲストとの絡みにも対応できる・・・

 

まさに唯一無二の

「4番目の」

芸人さんでしたね。

 

合掌

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com