バンコクマインド

タイの過去現在未来と音楽映画書籍の旅

成瀬さんのおかあさん

f:id:bkkmind:20190424183330j:plain

 

黒澤、小津、木下、溝口、大島、小林、山田・・・

と日本映画の名監督は数多く挙げられますけど

私が感覚的にいちばんフィットするのは成瀬巳喜男でしょうか。

勿論、個々の作品にもよりますけれど。

 

youtu.be

 

無駄が無いんですよね。

場面の省略が過不足なくてピッタリ。

不自然なシーンとか余計なセリフのやりとりが0なんです。

 

そういう意味では小津監督の作品群と似てますけど

小津作品って静謐なようでいて、登場人物は正対して

実は”闘って”いることが多いような気がするんです。

そういう意味ではアバンギャルドというか

緊張感が非常にあるんで、肌合いは随分

違うように思います。

 

川端康成原作の「山の音」(1954年)

のエンディング、原節子山村聰が遠ざかっていくところなど

もう絵画、名画の世界ですね。

と文章で書いても伝わりませんから

また別の機会にじっくりと。

 

f:id:bkkmind:20190424190016j:plain

 

他にも、

黒澤作品とは違う雰囲気の三船敏郎が出てくる

「石中先生行状記」(1950年)


 加東大介の名演! ユーモラスでしかし涙腺崩壊の

「おかあさん」(1952年)

 

オール女優スター競演の

「流れる」(1956年)

 

未亡人を演じる高峰秀子の圧倒的存在感

「乱れる」(1964年)

 など、名作のオンパレード。

 

youtu.be

 

機会がありましたら、各作品の本編をぜひぜひ!